注文住宅、建売住宅。小平市で選ぶならどっち?

建売住宅と注文住宅、安いのはどっち?

戸建て住宅を構えようとするときに、最初に気にかかるのは予算の問題でしょう。貯金や年収、返済できそうなローン計画からおおよその上限額を見積もり、その額で可能な購入プランを考えることになると思います。
このときに、購入見積もりが得やすいのは建売住宅です。土地、建物合わせていくら、で販売しているので、このくらいの予算ならこの程度の住宅というイメージが描きやすいというメリットがあります。

一方、注文住宅では土地探しから始めなくてはなりません。選んだ土地によっては、住宅に回せる予算も大きく変動するので、どんな家になるかは予想もつきません。そのような場合は、ハウスメーカーや工務店に予算いくらで、この土地に家を建てたいという相談をすることになります。住宅へ回せる資金が思ったより減ってしまった場合、自由設計が魅力の注文住宅でも、思うような家が建てられない可能性があります。
このようなリスクまで計算にいれると、同レベル(立地条件、土地の広さ、家の広さなど)の家を比較するなら、建売住宅の方が安くなります。
建売住宅の場合、同じような建物を数棟建てるので、設計費用や資材調達の点でもディスカウントが効きます。更に、個人では買うのが難しい広い土地を購入し、小分けにして建売住宅として販売するケースも多くあります。このような手法で土地を取得するため、建売住宅は立地も優れているケースが多いのです。

建売住宅と注文住宅、自由度が高いのはどっち?

これは考えるまでもなく、注文住宅です。
もちろん、費用や周辺環境、法律の範囲内にはなりますが、どんな家を建てるのも自由です。憧れのシステムキッチンでも、夢に見た書斎でも思うように作れます。
将来の家族の増減に合わせたリフォームを建設時にプランニングすることも可能です。
建売住宅の中には、完成品でなく、建設途中で販売しているケースもあります。わざと仕上げのちょっと前で止めていることもあります。これは建売住宅の自由度のなさというマイナスを少しでも減らすための工夫で、壁紙を選んだり、キッチンのタイプを選んだりなど、オプショナル要素をプラスして建売住宅のイメージを払拭しようという試みです。このようなオプションは、新築マンションなどでも見かけることができます。
そうはいっても、0から作る注文住宅と、95までできている建売住宅では圧倒的に自由度は異なります。ただし、自由度を追求するにはそれなりの予算もかかってしまいます。

建売住宅と注文住宅、ローンの手続きはどちらが楽?

意外に思われるかもしれませんが、建売住宅と注文住宅ではローンの組み方が異なります。
建売住宅は全て込みでいくらとハッキリした金額が出ています。用意できる頭金を差し引いた残金をまとめて借りるので、手続きも審査もシンプルです。
注文住宅はまず土地を購入して、その上に家を建てるという2段階のステップになります。
つまり、先に土地代金を払います。頭金で土地代金が足りなければ、まず土地代の融資を受けます。建物が完成したら、建物と土地の費用合計から頭金分を差し引いた額の融資を受け、先に受けた土地の融資を返済します。結局借りる額は土地代と建物代の合計なのですが、建物完成までの間に受けた、土地代金のつなぎ融資の利子分が多くかかります。どれだけつなぎ融資を受けるか、建築期間がどの程度かにもよりますが、十数万円程度は余分にかかるでしょう。

建売住宅の注文住宅、建物の完成度はどっちが上?

一概にどっちと決めるのは難しいのですが、注文住宅の方が仕上がりがよいことが多いです。建売が悪いというより、注文住宅だと使用する建材にしても依頼主が確認できます。建設途中に、訪れて進捗を見たり、疑問点を現場監督に相談したりもできます。このように施主自ら関わる部分が多いほど、こだわりも精度もアップします。その違いが建物の完成度にも現れるのです。

以上、建売住宅と注文住宅の違いを比較してみました。もう1つ大きな違いは、入居までの期間です。建設済みの建売住宅は、売買契約がすめばすぐに居住できます。注文住宅はどう考えても土地探しから初めるので、半年~1年は必要でしょう。それぞれに長所短所がある建売住宅と注文住宅、自分のライフプランや予算、こだわりを十分考慮して選ぶことが大切です。

小平市で注文住宅をオーダーするならここ!注文住宅会社ベスト5

オンリーワンの家を建てたい!そんなこだわり派のオーナーさんにぴったりな工務店を5つ選びました。強み・評判・信頼性・こだわりなど、まず知りたい情報を一覧にしています。小平市で家を建てたい方はぜひ参考にしてください。

詳細はこちら