注文住宅と建売住宅を徹底比較

憧れの一戸建てマイホームを建てるときに悩むのが「注文住宅」か「建売住宅」どっちにするかです。両者にどのような違いがあるのかを確認しておきましょう。

注文住宅と建売住宅はどっちがいいの?

簡単に表現するのであれば、自分に好きなようにカスタマイズができるのが「注文住宅」で、間取りや構造がすでに決まっているのが「建売住宅」ということになります。両者にはメリットとデメリットがあり、ニーズに合った住宅を選べば良いだけですので一概にどちらが良いということはありません。

費用が安いのは?

注文住宅というと高くなるイメージがあるかもしれませんが、実は建売住宅だから安いというわけでもなく、価格自体はそこまで変わりません。むしろ、注文住宅であれば建材を指定したり、必要最低限の部屋数にしたりすることで価格を抑えることが可能です。

施工会社にあらかじめ予算を伝えておけば予算範囲内に納めてもらうことも。

予算通りに進められるのは?

注文住宅は自由度が高い分、こだわり出すといくらでも高額になっていくという面があります。その点、建売住宅であれば販売価格が決まっているので、予算通りに購入することができます。

また、注文住宅の場合、家の間取り、建材、駐車場、など実際に細部まで設計してみないと予算が見えづらく、ついつい予算オーバーしてしまいがちです。本当に必要なもの、必要ないものを決めておかないと資金計画にも影響が出るリスクがあります。

自分好みにできるのは?

カスタマイズの自由度という点では圧倒的に注文住宅に分があると言えます。なにしろ、購入した土地に好きな建物を乗せて良いわけですから、間取りから、建材、庭の広さまで家族のライフスタイルに合わせて設計することができます。

一方で建売住宅は工事が完成していれば、そのままの状態で住むことになるので、後から変更ということができません。そのため、自分の理想の間取りや設備の住宅を見つけることが必須です。

将来的なリフォームのしやすさは?

あらかじめ、ライフスタイルに合わせて柔軟に家の間取りを「変更しやすい」ように設計しておくことができるのは注文住宅のメリットと言えます。

たとえば、子供が大きくなったときのために大きな部屋にドアを2つ付けておき、子供が大きくなったら壁を入れて2部屋にできるようにするなどが考えられます。建売住宅は将来的なリフォームを想定した作りになっていることは少ないので、与えられた条件でリフォームをすることになります。

実際に住んだときのイメージが湧きやすいのは?

建売住宅なら間取りも水回りも決まっているので、見学に行ったときに実際に住んだ状態を想定しやすいでしょう。日当たりや景色などの確認もできます。

注文住宅は立体模型やパソコンを使ったシミュレーターである程度のイメージは付けることはできますが、若干リアリティには欠けることになります。

建築過程をチェックできるのは?

注文住宅は土地を購入するところからスタートしますので、もちろん建設中の現場を確認しにいくことができます。施主が現場に顔を出すことで良い緊張感が生まれますし、内部の構造などもしっかり確認できるので安心です。

建売住宅だとすでに工事が完了してしまっている場合もあり、内部構造まで確認することができません。しかし、デジカメで工事過程を見せてくれる業者もいるので事前に確認してみると良いでしょう。

小平市で注文住宅をオーダーするならここ!注文住宅会社ベスト5

オンリーワンの家を建てたい!そんなこだわり派のオーナーさんにぴったりな工務店を5つ選びました。強み・評判・信頼性・こだわりなど、まず知りたい情報を一覧にしています。小平市で家を建てたい方はぜひ参考にしてください。

詳細はこちら