土地

土地を購入して建物を建てるにあたり、いくら自分の土地になるからといって自由に家を建てられるわけではありません。その土地に建てられる家は、さまざまな法律の規制をクリアしたものでなくてはいけません。家自体の住み心地や大きさなどに多いに関係しますので、土地の規制についての基礎知識も身につけておきましょう。

建ぺい率と容積率

建ぺい率とは、敷地の面積に対しての建物の面積(建築面積)の割合をいいます。建坪という言い方の方が、耳馴染みがいいかもしれません。建築面積は建物の外壁・柱の中心線で囲まれた箇所を水平に投影した部分をいいます。

容積率とは、敷地の面積に対しての延べ床面積の割合をいいます。延べ床面積とは、各部屋の床面積を合計したものです。つまり、その土地によって定められた容積率によって、部屋数や階数などが左右されることがあります。ただし、小屋裏収納や一定の大きさのガレージなど、延べ床面積に含まれないものもあります。

高さ制限・斜線制限

高さ制限斜線制限は、建物自体の高さや屋根などにつける傾斜の制限です。「絶対高さ制限」「北側斜線制限」「道路斜線制限」「隣地斜線制限」「日影制限」があります。

接道義務

建築物の敷地は道路に2m以上接していなければならないという決まりがあり、これを接道義務といいます。道路とは幅4m以上の公道や、指定された私道が挙げられます。1つの敷地に建てられる建物は1つというのが原則のため、もし2軒以上建てる場合はそれぞれが道路に2m以上接するように、敷地を分割する必要があります。

敷地後退

4m未満の道路に接する敷地に家を建てる場合は、道路の中心線から敷地を2m後退させなければならないと定められており、これを敷地後退といいます。建ぺい率・容積率は、後退部分を除いた面積で計算する必要があります。

隅切り

土地の角が120度未満の場合、道路の見通しを良くするために角の部分を削ることが定められています。この部分には、建物や塀を作ることができません。これを隅切りといい、どれくらいを削らなくてはいけないのかは地域条例によって異なります。隅切りの部分は敷地後退とは異なり、建ぺい率・容積率に影響はありません。

隣地境界関連

隣地の境界近くに家を建てる場合、建物を境界線から50cm以上離すよう、民法で定められています。他にも、境界線から1m以内の場所に窓やベランダをつける場合目かくしが必要であったり、雨水が隣地に流れおちないような作りの屋根にしなくてはいけなかったりといった決まりがあります。

小平市の土地相場

駅名 坪単価の相場
小平駅 84.7万円/坪
小川駅 76.6万円/坪
一橋学園駅 86万円/坪
花小金井駅 91万円/坪
青梅街道駅 90.1万円/坪
新小平駅 84.7万円/坪
鷹の台駅 82.3万円/坪

※上記の土地価格相場はSUUMOの掲載情報を引用したものです。(2017年12月現在)

小平市で注文住宅をオーダーするならここ!注文住宅会社ベスト5

オンリーワンの家を建てたい!そんなこだわり派のオーナーさんにぴったりな工務店を5つ選びました。強み・評判・信頼性・こだわりなど、まず知りたい情報を一覧にしています。小平市で家を建てたい方はぜひ参考にしてください。

詳細はこちら