ハウスメーカーと工務店の違い

ここでは、ハウスメーカーと工務店の違いやそれぞれのメリット、デメリットについて説明しています。

ハウスメーカーと工務店はどこが違うのか

注文住宅を建てようと考えた時に、依頼先をハウスメーカーにするか工務店にするかという選択肢があります。
そこで、それぞれの特長を説明し違いを明らかにしていきましょう。

ハウスメーカーの特長

全国に広い営業網を持つ住宅メーカーのことです。

住宅展示場にモデルハウスがあるので完成イメージがつかみやすく資料も豊富です。資材が大量生産されているので品質が安定しているのが特長で、比較的工期も短くて済みます。

会社の規模が大きくブランド力もあるので銀行融資など資金計画に提携先があるなど、社会的な信用面では安心感があります。仕様やデザインを決めたプランが用意されているので、その中から選ぶのは楽ですがイレギュラーな要求には弱い部分があり、マニュアル以外の融通が効きにくいというデメリットがあります。

注文住宅という形ではありますが、ある程度パッケージプランに近い部分もあるため、「オンリーワンの家を建てる」というよりは「ハウスメーカーの家を建てる」というイメージが近いかもしれません。また、広告宣伝費や展示場維持、人件費などをかけているため、それが価格に反映されて値段が高めになる傾向にあります。

工務店(ハウスビルダー)の特長

地域密着型で営業展開しているのが最大の特長です。家づくりの最初からアフターサービスまで一貫して行なっているので、メンテナンス面で小回りが利くのと基本的には自由設計なので施工の制約もありません。こんな家が建てたい!という明確なイメージがある場合にぴったりな選択だと言えます。

規模があまり大きくないので、展示場やモデルハウスが無いことも多いですが、建てる家のイメージがしっかりしていれば、デザインや仕様の自由度が高く思い通りになります。工務店によっては、設計事務所並みの高いデザイン性を実現することが可能です。

また、少人数で運営されていることが多く、職人さんの顔も見えるので、細かな部分まで相談し易いというメリットもあります。地元の評判を大切にしており、口コミや紹介で仕事を受注している傾向にあります。広告・販売促進費をあまりかけないため、その分価格的にはハウスメーカーに比べて安く済む場合が多いようです。

オンリーワンの家を建てるなら工務店が強い

上記のように、ハウスメーカーと工務店ではそれぞれ一長一短あります。ハウスメーカーはシステマティックに型にはまった家づくりをしたい場合には向いています。

しかし、オンリーワンの家を手に入れたいという場合には、地域に密着したサービスが受けられるのと、イメージ通りの家を費用を抑えて造ることができるという点で工務店を選ぶことをおすすめします。

小平市や小平市を施工対象とした工務店には、優良な会社が数多くあります。こだわりの詰まった世界にひとつだけの家を建てたいなら、ぜひ参考にしてみてください。

小平市で注文住宅をオーダーするならここ!注文住宅会社ベスト5

オンリーワンの家を建てたい!そんなこだわり派のオーナーさんにぴったりな工務店を5つ選びました。強み・評判・信頼性・こだわりなど、まず知りたい情報を一覧にしています。小平市で家を建てたい方はぜひ参考にしてください。

詳細はこちら