マイホーム購入に最適のタイミングはいつ?

マイホーム購入のタイミングが重要な理由

大抵の買い物であれば、欲しくなった時、必要性が高まった時が買い時ですが、住宅のような高額の買い物はそう簡単に考えるわけにはいきません。というのも住宅の購入は、その後のライフプランに対して与える影響が、非常に大きいからです。
例えば、今は夫婦2人かもしれませんが、5年、10年先も夫婦2人のままでしょうか?子供が産まれて、家族構成が変化していることは十分に考えられます。また、恐らく人生で最高金額の買い物になるであろう住宅購入では、ローンの支払いの問題もあります。このようなポイントを考慮しながら、将来設計の中でいつ頃が最適かを検討するのがベターでしょう。
それでは、購入タイミングについて、もう少し詳しく説明してゆきます。

ローンの返済期間を考えよう

数千万円もの買い物になるマイホーム購入で、一括払いができる方はほとんどいないでしょう。多くの場合は住宅ローンを利用することになりますが、問題になるのはその返済期間です。20年、30年と長期のローンを組む場合、返済終了時の年齢に気をつけましょう。
定年後は収入が大きく減ってしまうので、その前までに返済を終えるのがベストです。退職金をアテにする方もいらっしゃるかもしれませんが、それは退職後の生活を支える資金として考える方が安全です。
つまり、定年が仮に65歳ならば、30年ローンで35歳がちょうどのタイミングになります。後は頭金との兼ね合いにもよります。多くの頭金が用意できれば、ローン期間を短くできますし、毎月の支払額を抑えることもできます。
頭金、毎月の支払額、支払い終了時の年齢を考慮すると、30〜40歳あたりがローンを利用した住宅購入がやりやすいタイミングといえます。

ライフプランを考えよう

ライフスタイルの大きな変化を節目として、マイホームを購入するという考え方もあります。
人生における大きな節目といえば、結婚、出産、子供の入学などがあげられます。
夫婦それぞれが独身時代にしっかりと貯金ができていれば、結婚時に頭金を用意することも可能でしょう。それならば、結婚を機にマイホーム購入もありえる選択です。ただし、将来子供は何人ほしいか、子供の教育環境として好ましいか、転勤の有無などできる限りの予測をして購入しないと、せっかく購入しても住む続けることができなくなる可能性もあります。将来設計が立てづらいなら、もう少し住宅購入の時期を遅らせて、その間に頭金を増やすのも選択の1つです。

子供が産まれたときも大きな節目ですが、手のかかる乳児、幼児の世話をしながらのマイホーム購入計画や引っ越しの手配はかなり大変です。また、幼児期には無邪気なイタズラで新居に落書きや傷をつけてしまうことがありえます。
では、成長してからがよいかというと、学費の負担が大きくなり、頭金を溜めにくくなります。子供が複数になると、いよいよタイミングが測りづらくなりますが、少し手がかからななった頃、学費が増え始める前が理想的なタイミングです。
また、マイホーム購入の結果、転校になってしまうのもできれば避けたいところです。受験してまで入った小学校、中学校なら尚更のことです。この場合は、通学エリアでのマイホーム購入になるので、土地、家選びの選択の幅が狭くなります。
ローンを利用するマイホーム購入では、用意する頭金額は物件の20%以上、毎月の支払額は年収の20%程度までと言われています。年収、子供の学費、生活費などのバランスをうまく取ることが求められます。
子育てをしながらのマイホーム計画は考慮することが多くなりますが、数年先のライフスタイルの変化も考えながら、タイミングを見計らいましょう。

参考:「注文住宅の費用の目安」

住宅ローンの金利変動

マイホームは高額の買い物なので、できるだけ金利の低い時期にローンを組みたいところです。2018年2月現在では、長期固定金利を中心にやや上昇傾向にあります。とはいえ、まだ1%前後が中心なので、比較的低い時期ともいえます。固定金利は支払い計画が立てやすい反面利率が高く、変動金利は将来的に利率が高騰するリスクもありますが、固定金利よりは低めのケースが多いです。固定と変動をうまく組み合わせたローンを検討することも大切です。
また、買い物には消費税も気になります。現在8%の消費税ですが、2019年10月以降10%になる予定です。もし、可能なら消費税前に購入したいところですが、あまり期間がないので無理すべきかどうかは難しい判断です。
これらの金融情勢もマイホーム購入のタイミングを決めるには、大切なポイントになります。

小平市で注文住宅をオーダーするならここ!注文住宅会社ベスト5

オンリーワンの家を建てたい!そんなこだわり派のオーナーさんにぴったりな工務店を5つ選びました。強み・評判・信頼性・こだわりなど、まず知りたい情報を一覧にしています。小平市で家を建てたい方はぜひ参考にしてください。

詳細はこちら