注文住宅会社選びのポイント

ここでは小平市で家を建てる際にハウスメーカーや工務店など、注文住宅を依頼する会社の選び方のポイントを解説しています。

信頼できる注文住宅会社を選ぶには

契約をしているイメージ
施工業者は家族とその家を支える一生のパートナー

注文住宅はすでに出来上がった既製品を購入するものではありません。設計プラン決め、見積り、契約、着工、引渡しまで長期に渡り、完成後のアフターフォローも考えると業者とは長い付き合いになります。したがって、信頼できる業者を選ぶことが注文住宅づくり成功への第一歩となります。「担当の方の人柄で決めた!」という人も多いですし、親戚や知人からの紹介で決めた、地元でずっと付き合いがある職人さんで決めたという人も多いです。依頼先を選ぶことは最も重要な点で、大切な家づくりのパートナーを決めるということになるため、慎重に納得のいく決断をするべきですよね。そこで、以下に注文住宅を依頼する会社選びのポイントについてまとめてみました。

地域に密着した営業展開をしているか

諫早建設・構造見学会の様子
ほとんどの会社が定期的に見学会を行っています。引用元:諫早建設HP(http://www.isahaya.co.jp/blog2/index.php?ID=1123)

地域密着型の会社の場合、何か家の不具合などが見つかった場合にすぐに対応してもらえるという安心感があります。また、その土地の気候風土や環境を熟知しているため、注文住宅設計の際も、地域に合った提案や素材の選定をしてもらえます。小平市は東京都の中でもあまり知名度が高い街ではありません。地方から移住する人よりも、もともと小平市に土地がある、親族が小平市に住んでいる、といった縁で家を建てる人が多いようです。そんな土地柄なので、工務店も地域にしっかり根差したタイプの会社が多く、選択肢は多いといえるでしょう。

数多くの注文住宅施工の実績があるか

注文住宅は自由設計でオーダーメイドですから、できるだけ豊富な実績があるところが安心です。気になる工務店を見つけたら、ホームページやパンフレットで創業年数や施工事例を確認してどのような家づくりをしているかチェックしておくのがよいでしょう。

購入者の評判はよいか

優れた注文住宅会社であれば購入後の満足度が高いはずです。できれば実際に購入者に会って話を聞くのが一番ですが、それができない場合はお客様の声などを紹介しているホームページや資料などを自分で調べてその業者の評判を確認してみましょう。

建築中現場の仕事ぶりはどうか

ウッドシップ・施工中の様子
大工さんたちの仕事ぶりは、ブログ等でも見ることができます。引用元:ウッドシップHP(http://www.woodship.jp/%E5%B0%8F%E5%B9%B3%E5%B8%82o%E6%A7%98%E9%82%B8-%E4%B8%8A%E6%A3%9F)

地域密着型の会社の場合、何か家の不具合などが見つかった場合にすぐに対応してもらえるという安心感があります。また、その土地の気候風土や環境を熟知しているため、注文住宅設計の際も、地域に合った提案や素材の選定をしてもらえます。小平市は東京都の中でもあまり知名度が高い街ではありません。地方から移住する人よりも、もともと小平市に土地がある、親族が小平市に住んでいる、といった縁で家を建てる人が多いようです。そんな土地柄なので、工務店も地域にしっかり根差したタイプの会社が多く、選択肢は多いといえるでしょう。

要望を伝えた時に柔軟に対応してもらえるか

注文住宅は自分の希望した内容が実現できる家です。要望事項をまとめて相談しに行った時に、しっかりこちらの話を聞いてもらえて、難しい部分でもプロの観点からいろいろアドバイスや提案がもらえるかどうかがポイントです。

担当者が変わらず、アフターフォローは万全か

家族のイメージ
住んでからのアフターフォローは大前提です

契約・発注するまでには何度か足を運ぶ必要があります。相談する度に担当者が変わるようでは、コミュニケーションがとりにくく希望通りの家づくりができません。また完成後のアフターフォロー体制についてもしっかり確認しましょう。

小平市で住宅を選ぶ際のポイント

ここまでは、小平市で家を建てる際のハウスメーカーや工務店選びのポイントをご紹介しました。ここからは、注文住宅ではなく小平市で住宅を選ぶ際のポイントをご紹介したいと思います。

物件の種類をしっかりと把握しておく

念願のマイホームを持つと言ってもマンションなのか、それとも一戸建てなのかではかかる金額が違いますし、それが新築なのか中古なのかというところでもかなり金額が違ってきます。それぞれのメリットとデメリットを知っておくことできちんとした住宅選びができるのではないかと思います。

マンション

まずはマンションなのですが、こちらは一つの土地と建物を複数の人たちで分け合うため、安心して暮らしていくためのルールというものが多く存在してきます。しかし一戸建ての場合、土地や建物は自分の所有物となるため自由に使うことができるというのが一つの魅力となります。これだけ見れば一戸建ての方がいいのではないかと思いますが、マンションは管理会社が管理をするというのが一般的でありますので、建物の破損や住民トラブルといったものは全て管理会社に任せることができ、一戸建ての場合は全て自らが責任を持って管理しなければならないのです。といった点で見れば、マンションの方が気楽に過ごせるということもあるのです。

新築と中古

次に新築と中古のメリット、デメリットなのですが、やはり新築となれば全てが新品で使えるので、未入居という点にこだわるのであれば絶対に新築を選ぶべきとなります。その点、中古は新築に比べるとかなりの割安で購入できるというのが最大のメリットになってきます。小平市というのは、都内に比べると土地も建物の価格も比較的に安いと思いますので、新築か中古で悩むというよりも、まずはマンションか一戸建てかというところを決めてから先に進んだ方がいいかと思います。

3階建て

最近では3階建ての家を建てる人も多くなってきています。住環境の悪化のため、都市部において広い土地の購入が難しくなってきているというのが一つに理由として挙げられます。小平は東京でも郊外に位置しますが、それでも決して安い金額で帰る場所ではありません。そこで、3階建てを選ぶメリットとして、床面積を有効に使えるということがあります。建ぺい率と容積率の関係からも2階建てより3階建ての方が有利となり、2階建てに比べ、床面積も広くなりスペースに余裕が生まれます。狭い土地をうまく利用するために、小平でも3階建ての家を注文する人が増えてきているのです。

2世帯住宅

2世帯住宅はそれぞれの世帯のライフスタイルや、ちょうど良いと感じる距離感などに違いがあります。一般的には「完全同居」、「一部共有」、「完全分離」という大きく3つのパターンに分けられますが、その中でも必要とするプライバシーのレベルや交流の度合い、形態は各家庭によって違ってきます。両世帯が満足できる設計案を作るためには、緻密な打ち合わせが必要であり、豊富な設計ノウハウが求められます。安易な考えではなく、両世帯が満足できる最適な設計案がここでは求められてくるのです。小平でも実家を2世帯住宅にして子供夫婦が戻ってくる家庭も増えています。両親の老後が心配という人にはとても向いている家であるのは間違いないと言えるでしょう。

不動産会社に条件を伝えてなるべく早く情報を仕入れる

マンションにしろ一戸建てにしろ、住宅を購入する際には不動産会社を介して購入するというのがごくごく一般的であります。ですので、住宅を選ぶ前に、まず不動産会社に問い合わせをすることから始めなければなりません。そもそも中古物件や土地に関して言えば、自分の条件に合う物件がいつ登場するかわからないです。小平市というのは人の流れが決して早いわけではないので、自分自身で情報を仕入れるというのも困難になります。今では不動産会社の情報というのは簡単に知れる時代になっています。もし興味のある不動産会社があれば、すぐに問い合わせることから始めてみましょう。複数の不動産会社に問い合わせても何の問題もありませんので、その中からでも自分に合う不動産会社を選べばいいのです。

気になることは何でも相談をする

不動産会社の担当者というのはその道のプロでありますので、お客様の気になることには何でも答えてくれます。住宅を購入するといっても野菜を買うのとは訳が違います。そこには税金の問題、資金繰りの問題、手続きの問題などなど、素人にはわからない専門知識が山ほど必要になります。その点、不動産会社の担当者は全てにおいて把握していますので、わからないことや気になることは何でもいいので聞くようにしましょう。

それと、不動産会社の担当者は、担当エリアに関する物件情報にはかなりといっていいほど精通しています。小平駅近くにはどういった物件があって価格はいくらぐらいになるのか、小平駅からかなり離れれば駅前より比較的安く購入ができるのかなど、細かいことでも構いませんので、担当者には何でも聞いた方が絶対にお得です。

信頼できる不動産会社と担当者を選ぶ

不動産会社が良くても、担当者の対応がすごく悪ければ何の意味もありません。ですので、不動産会社も名前だけで決めるのではなく、色々な不動産会社に問い合わせてみて、信頼できる担当者が在籍する不動産会社を選ぶようにしたいところです。

住宅というのは、新築であろうが中古であろうがどちらにしても高い買い物となります。やはり信頼できる人から購入したいと思うのが本音でもあるはずです。

例えば、「親身になって何でも相談に乗ってくれる」、「返信がとても早い」、「条件に沿わない物件を強引に勧めてこない」、といった担当者はそれなりに信頼ができることでしょう。ですが、これの逆の行動を取るような担当者というのは信用なりません。物件を購入したらお付き合いがなくなるのではなく、むしろ購入した後のお付き合いが長くなるということも忘れてはならないのです。小平市というのは都内に比べると不動産会社も少ないです。だからこそ信頼できる担当者を見つけるようにしたいところなのです。

情報収集に使えるものは何でも使う

今の時代、物件探しにおける情報収取手段はかなり増えています。昔から存在する新聞の折り込み広告やチラシ、住宅情報誌といったものは、図面をはじめとする情報が一目でわかるというのが大きな魅力でした。しかし、今は折り込みチラシや住宅情報誌といった紙面よりも、インターネットを活用するのが主流となってきています。大手の不動産会社をはじめ、不動産の専門サイトも増えてきているので、情報量が豊富で新しい情報も非常に多いです。検索機能というものもあって、自分の条件に合う物件が探しやすくなってもいます。希望のエリア、希望の価格、築年数など細かい条件を絞り込んで探せるというのが大きな魅力にもなっているのです。

とはいえ、このインターネットを駆使してもなかなか条件に合う物件が見つからない、そもそもパソコンが苦手、という人であれば直接不動産会社に問い合わせてみるというのも一つの手かもしれません。インターネットだけでは絞り込めない条件というのも中には存在するかもしれませんので、さらに詳しく聞いてみたいと思ったらすぐに相談するようにしましょう。後、資金計画や各種手続きといった情報にも詳しいですので、少しでも引っかかる部分があれば問い合わせるようにしたいところです。

希望の条件はしっかりとまとめておく

情報収集に力を入れるのは決して間違ったことではありません。しかし、その前に希望の条件というものだけはしっかりとまとめておきたいところであります。そうすることで検索で絞りやすくなりますし、不動産会社に問い合わせる際も無駄なく話が進められるからです。最低でも「エリア(小平市のどのあたりか)」、「物件価格」、「マンションか一戸建てか」、「中古物件か新築か」、「広さや間取り」といった部分だけでもまとめるようにしておきましょう。とはいえ、これだけだとヒットする物件がかなり多いということもあります。その際は、さらに理想の暮らしになる部分まで細かくまとめておくとスムーズに事が運ぶかもしれません。例えば、「日当たり」、「周りの環境」、「ペット可」、「設備面」などなど、自分の理想に近づける項目を条件としてまとめておいた方が、さらに理想の住宅が見つかるかと思います。

ネットのツールをうまく活用

インターネットのツールを上手に活用することで、さらに理想の住宅が見つかるかもしれません。例えば、不動産会社が独自で行っている「無料会員登録」というものがあります。これに登録をしておくだけで、条件として提示している物件が新たに更新される度に知らせてくれるというサービスです。お金がかかるわけではありませんし、今ではスマホでも十分に会員登録ができます。大手ならどこでもやっておりますので、とりあえず会員登録だけしておくというのも一つの手でもあります。

小平市で注文住宅をオーダーするならここ!注文住宅会社ベスト5

オンリーワンの家を建てたい!そんなこだわり派のオーナーさんにぴったりな工務店を5つ選びました。強み・評判・信頼性・こだわりなど、まず知りたい情報を一覧にしています。小平市で家を建てたい方はぜひ参考にしてください。

詳細はこちら